導入企業様のお声

技能実習生オンライン日本語教室を実際に導入している企業様のお声です。

林ポンプクリート株式会社 林様 (建設)

実習現場のトラブルが減り、仕事が上達しました

最初は実習生とコミュニケーションを取ることができなかったのですが、簡単な会話や1日の振り返りが日本語でできるようになり、トラブルが減って仕事が上達したと、林さんは教えてくれました。

今回は日本に来てから1年ほど経つベトナム人の外国人技能実習生を受け入れている、建設企業の林ポンプクリート様にお話を伺いました。

日本語教育 むすびば の無料体験を利用しようと思った理由はなぜでしたか?

外国人技能実習生に日本語が全く通じなかったからです。「1,2,3,4」などの数字を数えることもできず、指示も何もわからない状態だったのでスイッチを押し間違えたりしてしまうため、現場でよく怒られてました。

日本語教育を導入する前はどのように対応されていたのでしょうか?

来日してからの最初は私が実習生に直接日本語を教えていました。しかし、つきっきりで見るのが難しかったこと、実習生が勉強の仕方を分かっていなかったことからとても大変でした。
また市役所や近くの日本語教室を調べたのですが、どこも満員で半年待ちだったため、そんなに待つことができないと困ってました。

 

日本語教室の継続を決めた理由はどこにありますか?

1つは、値段がリーズナブルで私が教えるよりも人件費がかからない部分です。
また、録画された授業の様子を見たところ、実習生が楽しそうに勉強していたことも決め手でした。

オンライン日本語教育を利用して、外国人技能実習生に変化はありましたか?

元々、あまり口数が多い性格ではなかったのですが、少しずつ職場でコミュニケーションを取れるようになっています。
また、仕事面でも作業を覚えてくれようになり、1人でも仕事を任せることができるようになりました

 

今後の実習生に期待していることはありますか?

せっかく日本に来ても日常会話が話せないと楽しくないと思っています。業務ができるようになる以上に、実習生が日常会話をできるようになって日本の生活が楽しかったと思って帰ってほしいです
実習生が自分から話かけれるようになってくれればコミュニケーションも取りやすくなるんじゃないかと思っています。

また、日本語がもっとできるようになれば、実習生が帰った後のキャリアも広がると思うので、これからも頑張って欲しいです。

 

PAMPHLET

無料パンフレット
差し上げます。

授業内容の詳細、コース設計、授業を通して身に付く力など、今知りたい情報が掲載されたパンフレットを無料配布中!